意外に知らない離婚と相続の不思議な関係

時間外労働が多すぎる職場

時間外労働が問題になっていますが、私が以前勤務していた職場でも、時間外労働がたくさんありました。いわゆる「サービス残業」も多く、実際に残業をした勤務時間のほとんどに対して給料は支払われませんでした。

 

その企業は「根性がある人が偉い」というような社風で、徹夜で仕事をしてサービス残業を繰り返すような社員が高い評価を受けていました。短期間なら無理な勤務時間をがんばることも可能ですが、年がら年中時間外労働ばかりしていると、体力的精神的な負担が大きくなります。

 

ほとんどの社員が途中でがんばれなくなり、抜け殻のようになったり、離職をしたりしていました。私の職種は比較的時間外労働が少なくて済んでいましたが、いつ激務をしなくてはいけない職種に異動させられるか分かりません。

 

早めに手を打とうと思い転職活動を始めました。そしてラッキーなことに厳しい職場に異動をする前に、時間外労働が少ない労務管理がしっかりしている企業へと転職することができました。根性が称賛されるような社風の企業には注意が必要だと思います。